面接試験の評価基準

自治体は来年度の職員採用試験の季節を迎えている。この試験を大別すると、客観評価と主権評価に分けることができる。前者は教養試験や専門試験のような択一式の試験で、正誤が明確である。これに対して、後者は論文試験や面接試験であり、正解はなく評価者によって結果が異なることもある。そのため、とりわけ後者についての選考基準等の公開が課題になってきた。自分の一生がかかっているのだから、情報公開を求める側も必死だ。

⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)2012年9月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です