支援情報の提供

[第118回]
東日本大震災による被害の大きさに言葉を失う。被災者の方々に心からお見舞いを申し上げたい。震災発生からの一ヶ月、私自身を含めて被災地から離れて暮らす市民は、「私たちに何ができるのか」を自問する毎日だった。そのように被災者の苦しみに心痛し、自分にできる支援の方法を知りたいという人たちに、どのような情報を提供していくべきなのだろうか。
⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)20115月号参照