オープンデータ 連載173回

自治体の情報公開が新しい視点と方法で拡大しようとしている。それがオープンデータである。起点となったのは、国の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)が12年7月に決定した「電子行政オープンデータ戦略」だ。この中でオープンデータの意義や目的が明らかにされ、これを踏まえて行政情報のオープンデータ化に取り組む自治体が増えてきた。草創期だからこそ真価と課題を冷静に見きわめていきたい。