情報公開法改正案を読む

[第119回]
情報公開法が施行されてから10年になる114月、同法の改正案が閣議決定された。東日本大震災への対応に追われて閣議決定が遅れたが、今後の法案審議の行方も予断を許さない。しかし、福島第一原発の事故をめぐる国の対応を考えると、もっと積極的な情報公開が必要であり、そのためにも早期の法改正が望ましい。改正案の概要を紹介し、その意義と問題点を考える。
⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)20116月号参照