AI利用への懸念 連載第199回

AI(人口知能)が注目を集めている。過去2回のブームがあったが、今回の第3次ブームは深層学習(ディープラーニング)の登場が背景にある。人間の脳を模倣した深層学習の能力は高く、将棋や囲碁で名人を打ち負かした実力は驚異的だ。単なる一時的なブームではなく、AIによって人間や社会のあり方が大きく変わる可能性が高い。AIが人間を超えるとされるシンギュラリティ(技術的特異点)は45年だという。自治体もAIと無縁ではいられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です