子どもが伝える魅力 連載第189回

情報機器の発達は既存のメディアに致命的な打撃を与えた。象徴するのが新聞の発行部数の激減だ。また、雑誌の休刊・廃刊も相次いでいる。紙のメディアの必要性と可能性は少なくないが、その将来を楽観できない。こうした中で、同様に紙と活字を中心としてきた自治体の広報も変化を迫られている。しかし、いろいろな意味で役所らしく旧態依然としていて、次の一手がみえない。情報提供の一手段でもある広報の魅力を、どうすれば取り戻すことができるのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です