SNS活用の壁


FacebookTwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用する自治体が増えている。SNSは若い世代を中心に利用者数が多く、双方向性や拡散性が高い。自治体の情報提供の一環として、その活用は自然の流れである。しかし、ただ単に時流に乗って、新しいツールに飛びつくのもいただけない。その特性や本質を見極める慎重さも必要だ。そして、そもそも自治体によるSNS活用には、まだまだ「壁」が多いことも忘れてはならない。

⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)20139月号参照 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です