情報提供の新たな課題

市民に問われるまで何の情報も出さない時代は終わった。いまや自治体のHPにはぼう大な情報があふれている。「積極的な情報提供」は着実に広がってきた。しかし、提供される情報はいったいどれだけの人に閲覧されているのだろうか。また、それらを知りたいと考えている人たちに確実に届いているのだろうか。そして、地域社会の諸課題の解決のために、有効に活用されているのだろうか。

⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)2012年10月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です