個人情報の漏えい

千葉県船橋市の職員(非常勤一般職)が、探偵業を営む男に個人情報を漏えいする事件があった。職員は地方公務員法(守秘義務)違反の容疑で逮捕され、さらに加重収賄の容疑で再逮捕された。絶対にあってはならない事件だが、公務員による個人情報の漏えい事件は後を絶たない。罰則規定があるだけでは漏えいを防げるはずもなく、綱紀粛正のために何が必要なのか真剣に考えなければならない。

⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)2012年12月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です