体罰の情報公開

時代の変化が激しい中でも、組織の体質というものは、なかなか変わらないらしい。大阪市立桜宮高校や柔道女子日本代表チームにおける体罰問題は、指導という名の暴力を放置してきた旧態依然の体質をあぶりだした。人体と同じように、組織の体質を改めていくには、まずは事実を客観的に認識しなければならない。そのためには情報公開が必要不可欠である。しかし、ここでも隠ぺいという古い体質が壁となって立ちはだかる。

⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)2013年3月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です