大震災と個人情報

[第123回]
 地震や水害のような緊急時には、何よりも人命や身体の安全確保が優先されなければならない。そのために「二の次」とされてきたルールの一つが個人情報保護である。被災者や避難者に関する個人情報を、誰がどのように管理し、利用・提供していくのか。東日本大震災でも個人情報に関する問題は数多くあった。発生から半年が経過した今、そろそろ個人情報保護の話しをしたい。
⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)201110月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です