情報公開の「限界」

[第122回]
 福島第一原子力発電所の事故と、その後の電力会社と政府の対応は、この分野・問題における情報公開の不十分さを改めて明らかにした。そもそも原子力の平和利用は「自主・民主・公開」を原則としてきた。このうちの「公開」のあり方が、いま厳しく問われている。しかし、情報公開を徹底すれば問題は容易に解決するのだろうか? 問題が大きく複雑なだけに、こうした自問も同時に必要になってきた。
⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)20119月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です