寄付の見える化

[第121回]
 東日本大震災関連で日本赤十字社に寄せられた寄附金は、2600億円を超えた。その9割強は自治体に送金されたが、義援金として届いたのは寄付総額の4分の1にすぎないという。寄付金に込めた気持ちが強ければ強いほど、義援金が「届いてない」ことに寄付者はいら立ちを隠さない。実にたくさんの人たちが、寄付という社会参加を経験した。その満足感が不信感に転じないようにするには、寄付の「見える化」を進めるしかない。
⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)20118月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です