政治家の説明責任

[第114回]
たかが「政治とカネ」をめぐる問題が「政局」にまでなろうとしている。他に取り組むべき問題が山積する中での茶番劇は、市民の政治不信を高めるだけである。こうした事態を招いたのは、「政治とカネ」の透明化が進む一方で、公開された事実について政治家に説明させる仕組みがなかったからだ。政治に対する市民の信頼を回復するには、どうしたらよいのだろうか。
 ⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)20111月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です