法改正の影響

[第112回]
108月、国の「行政透明化検討チーム」は、情報公開法の抜本的な改正に向けた意見を公表した。国は11年の通常国会への法案提出をめざして、情報公開法の改正作業を進めていく予定だ。現段階では規定ぶりまで定まってはいないが、法改正の方向性は確定した。何がどのように改められるのか、二つの切り口で取り上げる。
 ⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)201011月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です