脳死移植の透明性

[第111回]
107月、臓器移植法の改正法が施行された。その後、これまで年間平均9例ほどだった「脳死移植」の件数が急増している。一方、本人同意を要件としない改正法に対する異論も根強く、「脳死移植」に関する情報公開のあり方が問われ始めている。関連情報を公立病院や消防長等が保有する場合もあり、自治体もこの問題と無縁ではない。
 ⇒詳細は月刊『ガバナンス』(ぎょうせい)201010月号参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です